アオリイカ釣りにチャレンジしてきました。
今回もいつもの釣り船屋さんにお世話になります。

集合場所は鳴門の港。
集合時間は朝6時。
もう結構さむいですね。
乗船者は我々2人のほか地元徳島のおじさん3人です。

釣りを嗜むようになったのは徳島での活動をはじめた半年前から。
僕も今回一緒に来た同僚もまだまだ初心者です。

前回の釣物は鯛や鯵だったのですが今回はアオリイカ。
初めてです。
一緒にいった同僚もちょっと興奮気味。

アオリイカ用の仕掛けは針が2つついています。
1つ目はJ字状のもの。餌の豆アジの口につけます。
2つ目は落下傘状に8つの針が広がったもの。豆アジの背びれの後ろにつけます。
針をつけたら豆アジを海に放って泳がせます。生餌というやつです。
アオリイカは豆アジを上から襲うので、背中の針に引っかかるのです。

言葉で説明するのは簡単ですが、やってみるとこれが難しい。

仕掛けの2つの針は、J字状針→落下傘状針の順につけるのですが、アジを握ると暴れるので2つ目の針をなかなかつけられない。
そこで戸惑っていると直ぐに弱ってしまうので海中で元気に泳いでくれません。

引きがあったらリールを一気に巻きあげるのですが、
アオリイカ用の針は返しがないので巻き上げがちょとでも緩むと針から外れてしまいます。

朝の6時から午後2時まで頑張ったのですが、坊主(釣果0匹)でした。

きみたち東京から来たのかい?
残念だったな。懲りずにまた来なよ。

アオリイカ8匹を釣り上げたおじさんたちから慰めの言葉が。

悔しいですね。
次の徳島出張は来年の春ごろ。
しっかり勉強してリベンジします。