最近英語の発音訓練に入れ込んでいます。
北米英語の発音指導に特化した講義をしている学校が職場の近くにあるのです。
たまたまネットで見つけたのがきっかけで通い始めたのですが、
かれこれもう半年。
2週間に一度の講義に行くのが待ち遠しくて仕方なくなっています。

何度も挫折を繰り返してきた僕の英語学習の歴史。
今度こそは、との淡い期待をもちながらこつこつ訓練に励んでおります。
まさに学び直しといったところです。

この学校の先生が最も強調されること。
それはシュワと呼ばれる音の重要性です。

シュワ。アルファベットで書くとSCHWAです。
eのひっくり返った発音記号といえば、ああ、あれかと思い浮かぶのではないでしょうか。

曖昧母音とも呼ばれます。日本人には「う」と「あ」の中間のような音に聞こえます。

先生によると、英語のネイティブスピーカは、早口でしゃべるときは、アクセント箇所以外の母音は全てシュワにするんだそうです。

例えば、誰でも知っているinterestingという単語。カタカナで書くとインタレスティングです。
この単語のアクセントは最初の「i」にあります。早口になると、その後の母音は全てシュワに変化する。
無理やり日本語の発音っぽく書くと「いならさたん」という感じでしょうか。1つ目の「t」と最後の「g」を発音しないのにも理由があるのですがそこは省略。

要するに、ネイティブスピーカにとってはアクセント箇所以外の母音はどうでもよくて、子音とアクセント箇所の母音によって相手の話を認識しているってことなんですね。

へええ。この説明を最初に聞いたときはほんとに目から鱗が落ちる思いでした。

数年前にNHKで放送された坂の上の雲。
この劇中に、英国人が古物商(蛭子能収)に難癖をつけて痛めつけているところに居合わせた真之(本木雅弘)がこんな言葉を叫んで英国人を凹ませるシーンがあります。

English gentlemen are philanthropic,
assisting the weak and striking down the strong.

English gentlemen detest all unfairness and fight for justice
while showing great respect for the law.

このシーン。モックンが「いくらなんでもアクセント強すぎじゃね?」ぐらいに強いアクセントをつけて発音していたので記憶に残っているんですね。
思うに、当時(明治時代)は英語なんて日本に全然入ってきてなかったから、英語の学習者は、外国人の先生が、「いいーんぐりしゅ」とか「じぇーのるまん」というようにアクセント箇所の母音をとっても強く発音したらそれをそのまま真似たんでしょうね。
恥ずかしいなんて感情は全く持たずに。
いまになってみて初めて、この「アクセントを強く」というのが英語の初歩の勉強においてきわめて重要なんだということが分かります。

幸か不幸か、現代の日本には和英語があふれています。
留学でもしない限り、「和英語」を「英語」に切り換えなくちゃ全然伝わらないことさえ自覚できない。
これが日本人の英語下手の一番の理由なのかもしれません。