パパ連れてってよお(三四郎)

戸田ゼミコラムのアーカイブです。このコラムはすでに連載を終了されています。

3月8日から4月1日まで家族で徳島県にいってきました。
滞在2日目は職場の同僚お勧めの大塚国際美術館へ。
噂に違わぬすばらしさでした。

大塚国際美術館は鳴門海峡に臨む山1つをくりぬいて建てられています。
山の麓のエントランスがあり、地下3階、地上2階の5階建になっています。

この美術館には本物の絵画が1つもありません。全て偽物です。
大塚製薬傘下の大塚オーミ陶業の技術によって陶板上に複製した西洋名画だけを所蔵した陶板名画美術館なのです。
その数1000点以上だそうです。

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」やダヴィンチの「最後の晩餐」。
ゴッホの「ひまわり」。。。。

教科書で見た名画ばかりです。

館内に入った正面にはバチカンのシスティーナ礼拝堂を模したシスティーナホールがあります。
天井を見上げるとミケランジェロのフレスコ画が一面に渡って描かれています。壮大さに圧倒されます。
特殊技術によって陶板上に色材を「焼き付け」ているので、1000年経過しても色褪せることがないんだそうです。

これだけ精巧につくられていると
素人目には本物と区別できませんし、
とても良いコンセプトだと思いました。

ただ1つ惜しかったのは
広すぎて時間が足りなかったということです。
この美術館は、地下3階の古代~中世から始まって、ルネサンス~バロック(地下2階)、バロック~近代(地下1階)、現代(地上1、2階)というように年代が下るほど展示階が上になっています。

個人的には印象派とかピカソの絵を楽しみにしていたのですが
そこにたどり着くころには娘たちが飽きてしまってもう帰りたいモードになってしまいました。
アレキサンダー大王の絵をそんなにじっくり見るならゲルニカちゃんと見ろよみたいな。。。

また徳島に来た際はもっと時間をかけてゆっくりと回りたいです。

川崎市の中1殺人。
痛ましい事件でした。
親も学校の先生も居たのに最悪の事態を防げなかったなんて。
やるせない気持ちになります。

経営コンサルタントの宋文洲さんという方がいます。
歯切れのいいコメントが人気です。
僕も以前からツイッターで彼をフォローしていました。

その宋さんなんですが、日本の教育環境やシステムの問題がこんな事件を引き起こした根底にある、なんてことをおっしゃってました。

宋さんはご自身のツイートの中でお子さんが日本人グループの中で虐めに遭った体験を披瀝しています。

宋さんのお子さんは、中国語、英語、日本語がネイティブで
通ってきた学校には様々な国籍の子供が居たそうです。
不思議なことにグループ虐めがあるのは日本人のグループだけ。

形式的な平和と団結の演出を強要されるため、ひとたび虐めのターゲットになったならば逃げ場が無く我慢せざるを得ない状況に陥りやすい。
虐めている子も虐められている子も外に対しては「仲良し」を演じる。
だから虐めが分かりにくい。ゆえに部外者が助けにくい。

これこそが他の国では見られない日本社会の特殊事情だと彼はいうんですね。

なるほど。

全面的に肯定という感じでもないですが、
思い当たるところも確かにあります。

幸か不幸か、これまで40年間日本でしか生活してきませんでした。
日本人に囲まれた生活しかしてないです。

だけど、他国に比べて我々の社会が同調圧力が極めて強い社会であることは一般に言われていることですし、実際にそうなんだろうなとは思います。

宋さんからするとその悪い面がよく見えるのでしょうね。

スマートフォンが壊れました。
今の愛機は
Phonpad Note 6
台湾のASUSというメーカの製品です。

地下鉄のエスカレータ上で操作している最中に手を滑らせてしまい、ガチャン。
拾ってみると、タッチパパネルのガラスにヒビが入っちゃってます。
タッチ検出もできなくなってる。
これでは使い物になりません。

ASUSのサポートに電話して
症状を伝えると
タッチパネルの交換で12000円かかるとのこと。

痛い。痛すぎます。
だけど他に選択肢も無いので
翌日に修理センターに送りました。

サポートの人の話では
修理に10日~14日かかると
いうことだったのですが、
実際には7日で修理を終えて戻ってきました。

ASUSの修理は
ネットの評判が芳しくなかったので不安もありましたけど全然悪くなかったです。
電話もつながり易かったですし、
対応も丁寧。
何よりも修理期間が短かった。

当面は買い換えるつもりが無いので
あと1~2年はこのASUSで十分ですね。
格安SIM契約を利用すれば
通信費が月1000円程度に抑えられてお得です。

早く戻って来てくれただけ良しとしましょう。

↑このページのトップヘ